Report活動報告

Report

学術活動

西尾亮太先生の論文がJournal of cardiologyにパブリッシュされました‼

当科の心血管インターベンショングループの大学院3年目の西尾亮太先生が1st authorである論文”Combined impact of residual inflammatory risk and chronic kidney disease on long-term clinical outcomes in patients undergoing percutaneous coronary intervention”Journal of cardiologyにアクセプト、パブリッシュされました‼  https://www.journal-of-cardiology.com/article/S0914-5087(21)00301-4/fulltext 

本論文では冠動脈疾患に対して当院で2000~2016年に当院にてPCIを施行された患者様を対象とし、CKDならびに残余炎症リスク(RIR: residual inflammatory risk)と長期予後(all cause deathならびにMACE)に対する複合的影響の検討を検討いたものです。結果としてはhigh RIRCKDを単独しか有していない患者に比べて、合併している患者の予後は有意に不良でありました。  西尾先生、指導教官である土肥先生、おめでとうございます! 

 

Dr. Ryota Nishio and Tomotaka Dohi have published the paper entitled “Combined impact of residual inflammatory risk and chronic kidney disease on long-term clinical outcomes in patients undergoing percutaneous coronary intervention” in J Cardiol. In this study, they showed that the combination of residual inflammatory, risk which was defined as high-sensitive CRP >0.6 mg/dL, has significantly dereterious impact on prognosis in patients with coronary artery disease. Many congratulations to our CV intervention team!

一覧に戻る

〒113-8431
東京都文京区本郷3-1-3

公共交通機関でお越しの場合

  • JR線

    「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水橋口)徒歩約5分

  • 地下鉄

    丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車 徒歩約5分
    千代田線「新御茶ノ水」駅下車 徒歩約7分

  • バス

    系統名:東43(荒川土手操車所前-東京駅丸の内北口)
    系統名:茶51(駒込駅南口-秋葉原駅前)
    いずれも、バス停「順天堂病院前」下車

お車でお越しの場合

詳細は以下のページをご覧ください。

車でご来院される皆さまへ