Report活動報告

Report

学術活動

炎症免疫制御・血管生物学グループの大友文恵先生、秋田耕嗣先生、磯田菊生先生の原著論文がClinical ScienceにPublishされました!

炎症免疫制御・血管生物学グループ大学院2年生の大友文恵先生、同グループ秋田耕嗣先生、そして磯田菊生先生をequally contributed authorsとし、"Blocking of interleukin-1 suppresses angiotensin II-induced renal injury"と題した論文が創刊100年以上のイギリスの雑誌Clinical SciencePublishされました!

https://doi.org/10.1042/CS20201406

磯田先生からのコメント:「抗炎症性サイトカインのIL-1Raを欠損させたマウスにアンジオテンシンIIを負荷すると、野生型マウスより血圧が上がり易く、腎障害が強く出ることが分かりました。腎障害は単にhydralazineで降圧しただけでは抑制されなかったことより、抗炎症療法の重要性も示しています。降圧のみでは完全に抑制できない腎機能障害患者さんの新たな視点からの治療法開発になればと考えています。」! 炎症免疫制御・血管生物学グループの皆様おめでとうございます!

一覧に戻る

〒113-8431
東京都文京区本郷3-1-3

公共交通機関でお越しの場合

  • JR線

    「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水橋口)徒歩約5分

  • 地下鉄

    丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車 徒歩約5分
    千代田線「新御茶ノ水」駅下車 徒歩約7分

  • バス

    系統名:東43(荒川土手操車所前-東京駅丸の内北口)
    系統名:茶51(駒込駅南口-秋葉原駅前)
    いずれも、バス停「順天堂病院前」下車

お車でお越しの場合

詳細は以下のページをご覧ください。

車でご来院される皆さまへ