Report活動報告

Report

学術活動

当科のYung Ting Hsiao先生、清水逸平先生が中心となって行った検討により、心不全治療ノンレスポンダーの心臓ではミトコンドリア融合蛋白であるMitofusin1の発現が低下することが明らかとなり、本研究成果がScientific Reportsに掲載されました!

当科のYung Ting Hsiao先生、清水逸平先生が中心となって行った検討により、心不全治療ノンレスポンダーの心臓ではミトコンドリア融合蛋白であるMitofusin1の発現が低下することが明らかとなりました。心臓のミトコンドリアを制御することが次世代の心不全治療法となる可能性が示唆され、本研究成果がScientific Reportsに掲載されました。Yung Ting先生、清水先生おめでとうございます!

Yung Ting Hsiao and Ippei Shimizu et al. analyzed endomyocardial biopsy samples from idiopathic dilated cardiomyopathy (IDCM) patients, and found that cardiac mitofusin-1, a protein involved in the fusion process of mitochondria, is reduced in non-responders. Together with in-vitro studies analyzing neonatal cardiomyocytes, we concluded activation of β1-adrenergic receptor/ cAMP/ PKA/ miR-140-5p signaling negatively regulates mitofusin-1 expression, and becomes pathogenic in the failing heart.Many congratulations to our international biology team!

https://www.nature.com/articles/s41598-021-86209-y

一覧に戻る

〒113-8431
東京都文京区本郷3-1-3

公共交通機関でお越しの場合

  • JR線

    「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水橋口)徒歩約5分

  • 地下鉄

    丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車 徒歩約5分
    千代田線「新御茶ノ水」駅下車 徒歩約7分

  • バス

    系統名:東43(荒川土手操車所前-東京駅丸の内北口)
    系統名:茶51(駒込駅南口-秋葉原駅前)
    いずれも、バス停「順天堂病院前」下車

お車でお越しの場合

詳細は以下のページをご覧ください。

車でご来院される皆さまへ