Molecular Heart failure分子心不全研究

Molecular Heart failure
清水 逸平

順天堂大学医学部循環器内科学講座 准教授(診療)

清水 逸平IPPEI SHIMIZU

固定概念にとらわれず、
心不全をはじめとする老化疾患に対する先制医療の確立を目指す

高齢者の増加に伴い、心不全患者が急増し、心不全パンデミックの到来は世界的な問題として危惧されている。
心不全は未解明な点も多く、未だ満たされない医療ニーズが数多く存在する。清水医師は心不全の病態を新しい視点から捉え、次世代の治療法の開発に挑んでいる。

海外から受けた刺激や尊敬できる師との出会いが
大きなモチベーションとなる

親の仕事や留学を含めると海外で約10年生活していました。幼少期からグローバルな価値観に触れる機会が多かったせいか、枠にはまらない形で自分のアイデンティティを見出す習慣が自然と身についていました。恩師との出会いも大いに影響し、医学部卒業後は循環器内科医になることを決めました。循環器診療は非常にダイナミックであり、基礎・トレンスレーショナル・臨床研究が世界中で盛んに行われています。循環器内科の分野において心不全には未だ満たされない医療ニーズが数多く存在するため、この困難な病態に対して次世代の治療法を開発したいと思うようになりました。
日本は超高齢社会になって平均寿命が伸びたことで、心不全の患者が急増しています。心不全を発症すると日常生活が制限されてしまうため、健康寿命の延伸という観点からも心不全の予防法及び治療法の開発に少しでも貢献できればと考えています。

循環器を超えた研究で心不全と他疾患との関連が解明されつつある

心不全には「収縮不全」つまり心臓が縮みにくくなる心不全と、縮むことができても広がりにくくなってしまう「拡張不全」があります。心不全の中でも収縮不全の薬は効果的なものが複数ありますが、拡張不全にはあまり有効な治療法がありません。心不全はさまざまな要因で引き起こされますが、車でいうとオーバーヒートの状態にあたるため、体全体への影響も生じます。また、全身の臓器の状態が心臓に影響を与えると考えられます。私は心不全を全身疾患として捉え、「老化シグナル」「代謝」をキーワードに研究を行ってきました。
例えば全身のインスリン抵抗性と心不全がリンクしているという内容で以前論文を発表しました。糖尿病の人は将来的に心不全になりやすく、心不全になった人は糖尿病になりやすいということは他のグループからも複数発表されています。我々の報告を含む複数の論文により「インスリンシグナルは心臓にとって過小でも過剰でもよくない」、と現在広く認識されるようになりました。加齢とともに高血圧や糖尿病といった老化疾患の発症リスクが増えますが、加齢自体が心不全のリスクとなることもわかってきました。全く新しい切り口でこの病態を捉えることでブレイクスルーが期待されます。

加齢に関わる新しい疾患概念を世界に向けて提唱

現在の医学では拡張不全型心不全、心房細動、慢性腎障害、非アルコール性脂肪性肝炎はそれぞれ独立した疾患として認識されています。これらは加齢とともに組織が線維化し臓器機能障害が生じる疾患です。そこで私はこれらを「加齢関連線維性疾患(A-FiD)」という新しい疾患概念で包括的に定義し、2020年10月に全米医学アカデミーで賞を受賞しました。50名以上の国内外のグローバルなメンバーとリサーチコンソシアムを立ち上げ、基礎・トレンスレーショナル・臨床研究を同時進行的に展開してゆければと考えています。拡張不全型心不全の患者数は世界で1,300万人以上、心房細動は世界で3,000万人、非アルコール性脂肪性肝炎は世界人口3〜5%、慢性腎臓病(CKD)は世界人口の10〜12%が罹患していると報告されています。A-FiD共通分子基盤を明らかにすることと並行して治療法開発に取り組むことで、これらの疾患に苦しむ多くの人々に手を差し伸べることができるのではないかと思います。
今後も「加齢同期」「老化促進代謝物質」「老化促進タンパク」「代謝」「老化」「加齢性疾患」等をキーワードとし、心不全をはじめ困難な疾患に対する次世代の治療法開発につながる研究、発見をすることができればと考えています。

清水 逸平
清水 逸平 IPPEI SHIMIZU

2002年千葉大学医学部卒業。
詳細は以下もご参照ください。
https://www.mol-aging.com/

〒113-8431
東京都文京区本郷3-1-3

公共交通機関でお越しの場合

  • JR線

    「御茶ノ水」駅下車(御茶ノ水橋口)徒歩約5分

  • 地下鉄

    丸ノ内線「御茶ノ水」駅下車 徒歩約5分
    千代田線「新御茶ノ水」駅下車 徒歩約7分

  • バス

    系統名:東43(荒川土手操車所前-東京駅丸の内北口)
    系統名:茶51(駒込駅南口-秋葉原駅前)
    いずれも、バス停「順天堂病院前」下車

お車でお越しの場合

詳細は以下のページをご覧ください。

車でご来院される皆さまへ